押さえておきたい蜂の子の効能

押さえておきたい蜂の子の効能

蜂の子は、その名の通り、蜂の子供です。蜂の子として使用されるのは、主にオスの蜂の子になります。使用される蜂の種類は、ミツバチを始め、スズメバチやアシナガバチ、クロスズメバチなどです。

日本では、主に山間部で生産され、佃煮や炊き込みご飯などにして食べる習慣があります。また、海外でも良質なたんぱく源として食べられており、特に中国では、古くから漢方として用いられ、元気の源として老化を防ぐために食べられています。

蜂の子には、体の中では生成できない3種類の必須アミノ酸である、アルギニン、リジン、ロイシンの他6種類のアミノ酸、ビタミン、カルシウムなどたくさんの良質な栄養素が豊富に含まれています。
特に、体内で生成できない必須アミノ酸については、体の外から摂取より他ないので、蜂の子サプリを飲めば、栄養素の補給を手軽にできます。

その中のアミノ酸が自律神経の安定を促す働きをしており、昨今では、耳鳴り、難聴、めまいなどの症状を緩和する効果が期待できることがわかってきています。
また、蜂の子に含まれる多くのビタミン類により、強い抗菌作用もあり、免疫力アップに、豊富なたんぱく質は体力回復する効果があります。
栄養補助サプリとして、他にも肝機能への働きや老化防止にも役立っています。

↑ PAGE TOP