押さえておきたい蜂の子の効能

蜂の子に含まれるビタミンの種類

蜂の子に含まれるビタミンには、どのようなものがあるのでしょうか。

ビタミン自体は13種類あります。蜂の子には、ビタミンCや、ビタミンB群すべてが含まれています。これらはすべて水溶性です。
脂溶性であるビタミンA、D、E、Kは、含まれているものといないものがあります。含有量は商品によってばらつきがあるようです。製造過程でなくなってしまう成分もありますし、微量なので成分表に載せていないものもあります。

ここでは、水溶性ビタミンについて説明します。ビタミンCは、コラーゲンの生成に不可欠な物質です。
酸化を防ぐ効果もあります。ビタミンB1は主に糖質、B2は脂質、B6はたんぱく質をエネルギーに変える役割があります。ですから、全体的に成長を促すなどの働きがあります。
ビタミンB12は補酵素ですが、不足すると貧血などを引き起こします。葉酸は、ビタミンB12と協力して血液を作る働きをします。妊娠中に摂ると良いとされています。
ナイアシンはビタミンB1などと同じように、エネルギーを産生する働きがあり、パントテン酸はエネルギーを作る酵素を補助する役割があります。
ビオチンはあまり知られていませんが、皮膚や粘膜の健康維持が期待できる物質です。

このように、蜂の子には健康維持に必要なビタミンがバランスよく含まれているのです。 これを機に蜂の子で健康生活はじめてみませんか。

↑ PAGE TOP